停車時にハザードでなく左ウインカーつけるやつ

よく路肩に停まっている車で、ハザードランプではなく左ウインカーをだして停まっている車がある。気持ちはわからないでもないが、一応きちんとハザードランプを出して停まってほしいと思う。左ウインカーだけだと、遠くから見たときに、「あれ、この車は左に曲がりたいのかな、でも停まってるように見えるしなんでだろう」といらぬ想像をしてしまうからである。ハザードランプをつけていると停まっていることは一瞬にしてわかるから、どういう行動をするべきか一瞬にして判断することができる。つまり、後続車や周りの車に、次の行動を判断させる上で複数の可能性を持たせないことが大事なのである。もちろん、路肩に止まる前に左によりますよ、という合図として左ウインカーを出すのは正解であるが、その後はつけっぱなしにするのではなく、停まったらハザードに切り替えてほしい。ちなみに、停まっている車の運転手の様子を観察すると、大抵は携帯電話で話していることが多い。携帯を使いながらながら運転するよりははるかにまともなので、その点に関しては評価できる。このご時世になって未だに携帯で話しながら運転している輩ガイルが、そのようなやつは論外である。今すぐ運転免許を自主返納してほしい。

エマスリープ コアラマットレス 比較

進路変更時にウインカーつけないやつ

進路変更する際に、右折車線に入る前にウインカーを付けない人間が多すぎる。多くの人は、右折車線に入ったあと、右折直前でウインカーを付けるようである。しかしそれでは全く意味がないことに気づかないのだろうか。そもそもウインカーとは、後続や周りの車に、「私はこれからこういう行動をしますよ」と知らせるためにあるものである。したがって、右折しようと右折車線に入る、という行動に入ろうとする前に、ウインカーを付けるべきなのである。右折車線に入ったのなら、「ああこの車は右折するんだな」とわかるので、右折車線に入ってからウインカーを出す行為に何も意味はないのである。なぜそれが多くのドライバーにはわからないのか不思議である。車線変更のときだけでなく、路肩の店舗に入ろうと左折するときも同様で、多くの人はウインカーを付ける前にブレーキを踏む。後続車からすれば、いきなりブレーキランプがつくので「なんで、急にブレーキ踏んだのかな、前方に障害物があるのかな」と思ってしまう。つまりなぜブレーキを踏んだのか、この段階ではいろいろな可能性があることを思ってしまうのだ。ブレーキを踏む前にウインカーを出していれば、ああこの車は左折したいのだな、ということはスピードを緩めるな、と事前に想像することができるので、アクセルを緩めたり前々からの行動が可能になるのである。何か直前と違う行動をするときに方向指示器を使う、という大原則すらわからない人は、教習所からやり直してほしい。

ガレイド スマートフード

車間距離を空けないやつ

車を安全に運転する際に最も大切なことは、前の車と車間距離を十分に開けることだと思う。最近ではあおり運転がニュースになるが、どうしてあんなに車間距離を詰めるのか、私には到底理解できない。そもそもなぜ車間距離が大切なのかというと、一つは安全性、もう一つは燃費の面である。安全性に関していえばこれは至極当然のことで、もし目の間に急に人や動物が飛び出してきたら、ブレーキを掛けるだろう。その際に車間距離を十分に開けていないと、玉突き事故になることくらい、少し考えればわかることである。なぜそんな小学生でもわかるような当然のことがわからないのか本当に理解に苦しむ。車間距離をあけることが理解できない人間は今すぐ運転免許を剥奪してもいいくらいである。もう一つは燃費の問題で、車間距離を空けていないと無駄にブレーキを踏む回数が多くなる。同じ距離を走るのに、ブレーキを踏んだ時間がながければ長いほど燃費が悪くなる。もし燃費を良くしたいのであれば、前の車がスピードを多少緩めたとしても、アクセルを離すだけでいい(ブレーキをふまなくて済む)くらいには車間距離を開けよう。安全な運転とはスマートな運転とほとんど同義である。安全かつ燃費の良い運転を目指せるように、私もこれから精進していくつもりである。

筋肉食堂 店舗