公開履歴
考えている男性

更年期障害の症状はイライラが止まらない、頭痛や肩こりがする、ほてりが起こりやすく汗がとどめなく出る、などの症状が出ます。女性ホルモンの減少や環境変化などによって起こりますが、こういったホルモンバランスの乱れは女性だけではないことが多く男性でも起こりうる状態です。男性の場合は、男性更年期障害と言われることもあるのですが、これはマスコミがつくった造語であり。正式の名前は加齢男性性腺機能低下症候群と呼び、略してLOH症候群と呼ぶこともあります。

LOH症候群は30歳の後半から50歳代にかけておこることが多く、働き盛りの中年に症状が出てしまいます。女性と違って、ホルモンが急激に減少してしまうのではなく、男性ホルモンであるテストステロンが徐々に少なくなっていくので、女性が起こることが多い更年期障害のように重い症状にはなりにくい場合が多いのですが、やはり発症には個人差があるので、全くでない人もいれば重い人もいます。

原因として考えられる点として、ストレスが大きく影響していることが多く、重度にストレスがかかった時、もしくは転勤などによって環境変化があった時に、ホルモンバランスが乱れ血液中にあるテストステロンが急激に減少してしまうことがあげられます。そして加齢によって、徐々にテストステロンが減少をしていくことも、LOH症候群の症状につながることがあります。

LOH症候群の症状には、精神症状と身体症状、そして性機能障害の3つに大きく分けられ、耳鳴りや冷え、呼吸困難や動悸、発汗や不眠などの睡眠障害、全身の倦怠感や頭痛、頻尿やイライラなどが起こります。女性と違う点としては、EDと呼ばれる勃起不全や早朝勃起の減少といった生殖器への影響が出やすく、イライラとすることがあったり、性行為に興味がなくなったりといった脳への影響がみられる点です。女性でもやる気が出ないなどの症状は出るのですが、男性の場合は特に顕著で、急に怒りっぽくなることが多いです。これらの症状は一気に出てくるのではなく、少しずつ現れるので、更年期障害となかなか結びつかず、最初のうちはストレスやうつといった精神的なものではないか、と言われてしまうこともあります。

そして近年においては中年男性だけでなく、30歳代で罹患する人が増えています。この時期の男性はちょうど中間管理職になる頃で、上からも下からもいろいろと言われる年代であるので、慢性的にストレスがたまっている状態になるからです。そもそも男性ホルモンの分泌量は20歳中ごろが一番ピークであり、その後30歳前半では現象をし始めます。その減少を開始した時期と、ストレスを感じる時期とが重なると症状は出てきてしまいます。

ですが、男性の場合は男性ホルモンが減少することとLDH症候群との関係性は不確定で、はっきりとしたことはわかっていません。そして男性ホルモンであるテストステロンの量が少ないからと言って更年期障害がひどくなるとも限らないのです。つまり男性ホルモンのテストステロンの分泌される量は個人差がありますし、たとえ値が低くても元気に活動をする中年男性は大変多いです。

男性はストレスにさらされる機会も多く、加齢とは結びつかないような時期に発症してしまうことが多いです。ホルモンの減少がLDH症候群の原因となるかは不確定ですが、体調に変化がみられる場合は泌尿器科を受診して血液中にどのくらいテストステロンがあるかを調べるとよいでしょう。医療機関では、採血を行って男性ホルモンの量を調べるだけでなく、精神症状や身体症状があるのか、性機能に関する症状はないのか、なども調べるのでその不調がうつによるものなのか、LDH症候群によるものなのかが判明します。