進路変更時にウインカーつけないやつ

進路変更する際に、右折車線に入る前にウインカーを付けない人間が多すぎる。多くの人は、右折車線に入ったあと、右折直前でウインカーを付けるようである。しかしそれでは全く意味がないことに気づかないのだろうか。そもそもウインカーとは、後続や周りの車に、「私はこれからこういう行動をしますよ」と知らせるためにあるものである。したがって、右折しようと右折車線に入る、という行動に入ろうとする前に、ウインカーを付けるべきなのである。右折車線に入ったのなら、「ああこの車は右折するんだな」とわかるので、右折車線に入ってからウインカーを出す行為に何も意味はないのである。なぜそれが多くのドライバーにはわからないのか不思議である。車線変更のときだけでなく、路肩の店舗に入ろうと左折するときも同様で、多くの人はウインカーを付ける前にブレーキを踏む。後続車からすれば、いきなりブレーキランプがつくので「なんで、急にブレーキ踏んだのかな、前方に障害物があるのかな」と思ってしまう。つまりなぜブレーキを踏んだのか、この段階ではいろいろな可能性があることを思ってしまうのだ。ブレーキを踏む前にウインカーを出していれば、ああこの車は左折したいのだな、ということはスピードを緩めるな、と事前に想像することができるので、アクセルを緩めたり前々からの行動が可能になるのである。何か直前と違う行動をするときに方向指示器を使う、という大原則すらわからない人は、教習所からやり直してほしい。

ガレイド スマートフード

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です